×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

表 紙に戻る
函 館市企業局交通部
公式webサイト
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/transport/


十字街電停 2013.6

五稜郭公園前電停付近 2013.6

■函館都市圏の市町村別人口推移
国勢調査
(旧 函館市)
(旧 戸井町)
(旧 恵山町)
(旧 椴法華村) (旧 南茅部町)
函館市  計
七飯町
(旧 大野町)
(旧 上磯町)
北斗市 計
合 計
1985年10月
319,194
5,164
6,405
2,218
9,559
342,540
22,607
9,071
30,770
39,841
404,988
1990年10月
307,249
4,677
5,729
1,927
8,911
328,493
23,963
8,791
30,950
39,741
392,197
1995年10月
298,881
4,227
5,172
1,802
8,226
318,308
27,040
9,906
33,271
43,177
388,525
2000年10月
287,637
3,893
4,624
1,586
7,571
305,311
28,354
11,027
35,777
46,804
380,469
2005年10月
278,584
3,496
4,112
1,318
6,754
294,264
28,424
10,798
37,258
48,056
370,744
2010年10月
265,357
3,128
3,553
1,095
5,994
279,127
28,463
10,561
37,471
48,032
355,622


▼函館 市電路線効率的に維持 均一料金制も検討  (2010年3月31日『北海道新聞』)
 【函館】函館市交通局は、2010〜19年度までの市電経営計画となる市交通事業経営計画を策定した。現行の営業路線(10.9キロ)の維持に加え、バ リアフリー策として超低床車両を2台増やすほか、均一料金制度の導入検討などを盛り込んだ。
 計画は昨年12月に市民会議がまとめた報告書をもとに策定。基本方針として、現行路線を効率的運行で維持し、バリアフリー策として現在2両ある超低床車 「らっくる号」を13、17年度に1台ずつ増車する方針。
 一方、利便性を高めるため全区間均一料金制度の導入を検討する。ノーマイカーデーなどの料金を割安にする「エコロジーパス」と呼ばれる環境定期券につい ても検討する。
 次期計画では09年度末に約11億7千万円ある累積赤字を9年間で解消する予定で、一般会計からの10年間の繰入金総額は39億9千万円となる。 2000〜09年度より約13億円少ないが、繰入金の規模は年間4億円前後で推移する。また、今回の計画では1997年以来、行っていない運賃引き上げに は触れなかった。(安本浩之)


表 紙に戻る